6月16日(水) 前原幸夫氏 「習慣を変える」

20100628d.jpg 6月23日(水)の幹部研修は、高知商工会館にて18:30より、法人スーパーバイザー 前原幸夫氏(岡山県倫理法人会 相談役)に「習慣を変える」というテーマで講和を頂きました(参加役員15名)。

 前原氏は、昭和55年に税理士試験に合格。昭和60年6月1日に独立開業して25年、代表社員を務める税理士法人久遠は、現在、30人の社員を抱える岡山でもトップクラスの規模を誇る会計人集団となっています。

 研修では、「気づいたらすぐする」「本気なら言葉に出して言う」ことの大切さを学びました。
 私達はいろいろなことを心配しています。まず、心配するくせを除くことが大事です。心配するくせを除く実践とは、「気づいたことを何の躊躇もなく、直ちに行動に移すことです。これを一貫してやっていると自然に心配するくせが消えてゆくものです。」

20100628e.jpg また、口から出た言葉は、現実化していきます。口先ではなく、心情のこもった言葉を遣うこと。言葉を軽視してはいけません。
 「悪かった、とどんなに反省しても、それだけでは本物ではありません。その思いを”口から声に”発することが大事です。」

 「私達は、いろいろなカラがついているため、本来の自分でないものを他人に発信しています。ほとんど無意識にやっている習慣を変えていくこと。あたりまえのことをあたりまえに決心、覚悟して習慣を変えていくこと。倫理は実践によってカラをはがしていきます。」と、力強いお言葉をいただきました。

 幹部研修では、倫理経営の真髄を学ぶことができます。また、役員のみが参加できる役員の特権です。積極的に役員になっていただき、幹部研修に参加しましょう。

 研修の後は、グラッツェミーレにて前原氏を囲んで懇親会を開催し、本格的なイタリアン料理を楽しみました。
 遠路はるばる岡山県よりお越しいただき、本当にありがとうございました。

 

20100628f.jpg

文責 久万田 昌弘