7月16日(木) 井上茂勝氏 「元氣でいこう登り坂」

第302回経営者モーニングセミナー開催

ms090716-1.jpg 平成21年7月16日(木)午前6時よりホテル日航高知旭ロイヤルにてモーニングセミナーが開催されました。(参加者総数22名)
 講師に(社)倫理研究所 普及事業部の井上茂勝部長をお招きして「元氣でいこう登り坂」をテーマに御講演頂きました。

 講演に先立ち久万田会長より、
 「昨日の幹部研修では、純粋倫理の7つの原理の1つ[全一統体の原理]について、本日の講師である井 上先生からお話いただきました。大変難しいテーマではありましたが、目には見えないが、心の持ちようで、回りの世界が変わるという事、自分の心に思ったことを時には、口に出して相手に伝えることで、回りが変わる。ということを勉強させていただきました」と挨拶があり、続いて、浜田幹事が会員スピーチで「運の良さ、今、私がここにこうしていること。生かされて、生きている自分が居るということを実感しています。」といつもの司会同様の元気なスピーチを聞かせてくれました。

 「元氣でいこう 上り坂」  (社)倫理研究所 普及事業部 井上茂勝部長

ms090716-3.jpg 【元気であることの大切さ】は、[運命自招]つまりすべては自分から、変わること。『他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる』そしてどう変わるかということである。
 例えば、逆に元気になれない人というのは、マンネリ化し、何事にもすぐ妥協してしまうから、勇気を失ってしまう。あるいは、慢心して、謙虚さを失うから、判断を誤る。また怠慢な人も元気が無い人である。いずれも、自分を偽る心から発している事である。では、そうならない為にどうすべきか?
 それは”行動規範”を自分自身に確立することである、それが、倫理を学ぶということである。
 そして経済不況の今こそ『攻めの姿勢』を忘れないこと。経済の波はまだ下り坂でも、気持ちは上り坂を登る気持ちで生きる事。中小企業が今生き残る為に大事なことは、”出すこと”創意工夫して量なり、時間をかけるなり、とにかく出すことである。声を出す。知恵を出す、さもなくば汗を出す。そうやってがんばりぬいて、地方を良くし、日本を良くしようではありませんか。日本の未来は中小企業の皆さまの肩に懸かっているんです、がんばりましょう。

 [猛呼]
できる できる かならずできる
 信じて 進めば 思いが叶う (※口で十回繰り返すから叶う)
  自分がやらすに誰がやる
   希望の未来を切り拓こう
    打つ手は無限にあるからだ

 まるで元気の塊のような井上先生に最後まで”元気”をたっぷり詰まった御講話を頂きました。

(文責 広報委員村上勝則)

ms090716-4.jpg 
ms090716-6.jpg